Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

うつで休職したワーママがうつを克服するための考え方

Advertisements

こんにちは。年子育児中のみけママです。
私は現在仕事で色々あり、休職してから3ヶ月が過ぎようとしていますが、日常生活は問題なく遅れるようになっています。

ピーク時は本当に「治らないのではないか?」と思いましたが、家族の助けと、これからご紹介する気持ちの切り替え方、考え方を変えたことにより、復職を出来るほどにまで回復致しました。

今うつで苦しんでいる方の、
参考になりましたら幸いです。

みけママ
みけママ

色んな方にご心配をかけましたが、もう日常生活は問題なく送れています!

Advertisements

▼休職中のワーママが語る「うつだって、外に出て良い。」

うつになった、あなたは人の目を気にして、家に引きこもっていませんか?

私もうつになったばかりの頃は、外に出るのが本当に億劫で、必要最低限のことでしか、外には出られませんでした。

また万が一、会社の人に外で会ってしまったときに、「うつなのに、遊んでる。」と思われたらどうしようとも思いました。

あなたもそう思っているかもしれませんが、そんな考えが今すぐ捨てましょう。

外に出るのは億劫かも知れませんが、1人でいると考えもふさぎがちです。

ちょっと外に散歩をしてみるだけでも、気分が変わり、何となく良い気分になることもあるでしょう。

人の目など気にする必要はありません。

みんな思っているより、あなたには興味がないのです。

万一外であなたが「うつ」だと言うことを知っている人に出会って、何か言い訳したくなった時には

「医者から、外に出て気晴らしをした方が良いと言われて。」

とさらっと言えば良いのです。
それに対して疑う人はいません。

みけママ
みけママ

無理をして外に出る必要はありませんが、外に出ると気分が良くなることもあると思いますよ!

▼休職中のワーママが語る「うつになった自分を責めないで。」

うつになる人は、真面目で、完璧主義な人が多いと言われています。

それ故にうつになった自分が恥ずかしいとあなたも思っているかもしれません。
私もその内の1人でした。

ですが、頑張っていたが故にうつになったのです。

心が弱いからうつになったのではありません。
ですから、うつになった自分を責めないでください。

頑張ったね、少し休もう、のんびりしようと自分を労ってあげてください。

▼休職中のワーママが語る「うつがひどくなる前に、逃げてもいい。」

これは私が後悔していることです。
うつと診断される前、自分でも明らかに精神状態がおかしいと自覚をしていました。

みけママ
みけママ

逃げたらダメだ!
大事なプロジェクトもある、育児がある。
今仕事から逃げたら私は会社にいられなくなる!

そう思い、周りの人がおかしいと思うまで、自分の限界ギリギリまで、逃げずにいました。

その結果、日常生活も困難な程のめまいと手足の脱力感に襲われました。

あの時、もう少し早く「逃げて」いれば、「助けて」と言っていれば、症状がひどくなることもなかったのにな、思います。

ですから、まだそこまでひどくないと思っているあなたも、もしかしたら、限界スレスレのところかも知れません。

一度こぼれた水を元に戻すのは、極めて困難です。
その前に「逃げて」みましょう。

Advertisements

▼休職中のワーママが語る「うつを治すには自己肯定感を高める。」

うつを治すためには、

「自己肯定感」を高めることが大切だと私は思っています。

実際に精神科のカウンセラーかも助言されました。
自己肯定感を高めるためには、小さくても良いので「成功体験」を積み重ねることが大切とのことです。

私の成功体験はやはり、ブログの開設から少しですが収益が出ていることかなと思います。

みけママ
みけママ

初めてブログで収益が出たときは
やった!できた!とすごく嬉しかったです。

もし「成功体験」できそうなことが思い浮かばないという方は、ブログの運営もいいかもしれませんね。
「成功体験」にもなりますし、その時の自分の記録にもなります。
うつの再発防止にもなるでしょう。

▼休職中のワーママが語る「うつを治すには完璧は捨てる。」

私はこれが一番大事だと思っています。

「仕事もバリバリこなす。」
「家事も手を抜かない。」
「育児も手を抜かない。」

私はこれを理想としていました。
ですが、それぞれを完璧にこなすのは
至難の技です。

時間も体力も必要とします。

本当に自分がやる必要があるのか、そもそもやる必要があることなのかをちゃんと選択し、心身ともに負担のないように過ごすことが一番です。

▼まとめ

うつになる理由は様々で、その症状の重い軽いも様々だと思います。
ですが、私のこの経験があなたの参考になればと思い、綴らせていただきました。

どうかがんばりすぎず、肩の力を抜いて、心身共に健やかでいてください。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングに参加しています
応援よろしくお願いいたします。

 

コメント

この記事を書いた人

体外受精を経て、♀(2歳)と♂(1歳)のママになったアラサー。
育児も仕事も頑張りたいと
育休を早々に切り上げ奮闘していたのですが、
色んな事に絶望しうつに。
現在は休職中です。
→現在は転職に成功し、またフルタイムでゴリゴリ働いています!

みけママをフォローする